地デジ越県問題を考える

地上デジタル放送の開始で映るチャンネル数が減る? 地方での越県放送がみられなくなる問題を考えるサイトです。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地上デジタル放送(地デジ)とは?

地上デジタルテレビジョン放送とは、現在のアナログ方式の放送に変わり、デジタル方式による無線局により行われる放送のことで、省略して、地デジ地デジ放送と呼ばれる。

地上デジタル放送による主な特徴

・高精細・高画質・ノイズのない映像
・高音質・多機能音声
・電子番組表、番組情報
・データ放送
・双方向サービス
・移動体向け放送(ワンセグ)
・コピー制御
・字幕放送・字幕スーパー機能
・緊急警報放送
・イベントリレー
スポンサーサイト

地デジってどれくらい高画質?

地上デジタル放送といえば、高画質になることが一番にあげられると思いますが、どのくらい高画質なるのでしょうか?

現在の地上波 : 720 × 480 ≒ 100万画素
地上デジタル : 1280 × 720 ≒ 280万画素
ハイビジョン : 1920 × 1080 ≒ 620万画素

画素とは?

画素とは、デジタル画像を構成する最小単位で、色情報を持っています。

例えば、10cm×10cmの中に、100万画素の情報があるよりも、280万画素の情報が入っているほうがより高精細な画像が表示できるということです。

ちなみに、DVDの解像度は720×480と、現行の地上アナログ波と同等の画質なんですね、しかし、ノイズや、ゴーストがないので綺麗に見えるのですが、地デジ放送を見慣れてしまうとどうしても粗くみえてしまうんですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。