地デジ越県問題を考える

地上デジタル放送の開始で映るチャンネル数が減る? 地方での越県放送がみられなくなる問題を考えるサイトです。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区域外送信の必要性

ケーブルテレビ(CATV)局が、地上波の放送の放送対象地域外の区域外再送信をする必要な主な理由として、これらが挙げられると思います。

・山間部などの難視聴地域へ送信
・民放チャンネル数の格差是正

・山間部などの難視聴地域へ送信

全てのケーブルテレビ(CATV)局が、区域外(他県など)の放送を再送信をしているわけではないようですが、区域外の放送を再送信するのは主に難視聴地域などへの配信を目的として行われています。

最近では都市部において高層建築物などの影響により、ケーブルテレビじゃなとテレビが映らないなんてこともあるようですね。

・民放チャンネル数の格差是正

東京などでは、全国のキー局となる民放が5局(テレビ東京を含む)あるのに対して、地方では地元局が4局未満の地域も多く、系列局以外の人気番組などを放送するなどの努力はしているものの、地域間での情報格差が生まれてしまっています。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。